Another Voice(アナザーボイス) Another Voice:お問合せ 一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会

Another Voice:アナザーボイス Another Voice:概要 Another Voice:活動 Another Voice:会員募集 Another Voice:お問合せ

概要

「Another Voice」は、
コミュニケーションのギャップを修復します

 UCDAは、時代や立場の違いに左右されない客観的な「わかりやすさ」を求め、独自開発の科学的な評価・改善手法を駆使して、中立的な立場から情報の送り手(企業・団体)のコミュニケーション活動の質的向上に貢献してきました。さらなるステップとして「Another Voice」を設立し、情報の受け手である生活者の声を送り手にフィードバックすることにより、生活者が感じる「わかりにくさ」を解消するメカニズムの開発を加速させます。

 

「Another Voice」は、
既存のユーザー組織では得られない「知」をオーガナイズします

 企業や団体が運営するユーザー組織は数多く存在しますが、送り手都合の視点を脱却できないという限界を抱えています。また一般の消費者団体は、多様で主観的なユーザー体験を客観的・普遍的な解決法へ昇華する専門的知見に乏しい傾向があります。今や、「送り手─受け手」の束縛から解き放たれ、中立的な立場からユーザー体験を理想的に汲み上げ、生き生きとした、しかも有用性の高い情報として流通させる仕組みが求められています。これこそが、UCDAがコミュニケーションツールの評価活動を担う独立機関として「Another Voice」の設立に踏み出した理由です。

 

「Another Voice」は、
生活者が主役となるコミュニケーションの回復に貢献します

 「Another Voice」はコミュニケーション状況の前進に向けて、生活者が主体的に参加する団体です。そのメンバーは、さまざまな分野における豊富なユーザー体験をバックグラウンドに持ち、社会、企業・団体、サービス/製品などに対する建設的な批評意欲の持ち主です。UCDAは、活発な議論の場を創出するとともに、UCDAが蓄積した専門知によって評価の質をさらに高めるサポート機能を果たします。

 

 酸素や栄養が脈々と循環する健康な人体のように、私たちの築き上げた社会も健全な意見が自由に飛び交い、豊かな未来へ成長する……。「Another Voice」は、そのためのたくましいエンジンとなることを目指します。